Gadgeter

iPhone、Xperia、GALAXYなど、スマートフォンの最新ガジェット情報について記事を書いています。 アプリゲーム実況もしていきます。

タグ:amazon

カメラ欲しい。。。

そう思って半年経ちました。

そして先日買ってきたのがこちら。




じゃ〜〜〜ん!(自分で効果音)


ソニー ミラーレス一眼カメラ α NEX-6ズームレンズキット です!



えっ、これってちょっと古くない?と思った皆さん!

そうです!確か、発売は2012年11月ですかね?

そんな私がオススメする理由を紹介したいと思います。



その1:一気に価格が安くなっている      

もうメインの理由はこれ!

このNEX-6の後継機とも言えるカメラα6000が3月に発売になります。

これを受けて、NEX-6の生産は終了。

そして量販店はどのような動きをするのか?というと

在庫を無くそうと価格を一気に落として販売しております。

今一度amazonの価格を見てみると、

18

なんと5万円台です!


その2:毎日持ち歩けるコンパクトさ!     

これは他のミラーレス一眼にも言える事ですが、

ミラーレスは毎日バッグに入れておいてもかさばりません!

実際のサイズを見てみると、



写真 2014-02-25 0 55 51



本と比べてもそのコンパクトさが伝わるのではないでしょうか?

付属のレンズですが、電源オンにするとこんな感じ。



写真 2014-02-25 0 55 06

カッコイイヽ(´ー`)ノ

仕事場ではCanon EOS 7Dを使っているのですが、

こういう風に手軽に持ち歩けるのが欲しいと思ってたんですよね〜。



その3:ファインダーはやっぱ良いよね。     

このNEX-6と似たシリーズで5T、

最近発売となったα5000というカメラもあります。

こちらの方がもちろんコスパは良いかもしれませんが、

やっぱりファインダー越しで調整するのは楽です。


最初は上に書いた5Tにしようとしたんです。でも、NEX-6は電子ファインダーを見て即決しました。
※正直悩んで、SONYコーナーをウロチョロしていましたが。。。



終わりに:92sukeはこう思います。       

α6000発売前の今がチャンスだと思います!

皆さんもぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

ソニー ミラーレス一眼カメラ α NEX-6ズームレンズキット NEX-6L/B


22





こんばんわ!

スマートフォンを使っていて一番焦るシーン、

それは電池切れ!

外回りが多いサラリーマンの人など、

電源はどこだーーーーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

とファーストフード店などに入ったりした事いるんじゃないでしょうか。
※あっ、俺だ。 

そんな僕はスマホヘビーユーザーで、

仕事のメールチェック以外にも、

RSSリーダーをチェックしたり、

Kindleでマンガを読んだりと色々活用しています。

なので、もはやモバイルバッテリーは必要不可欠!

そんな僕が何個も使い倒し、現在愛用しているのが、


cheero Power Plus 2 mini 6000mAh です!

55


これを持ってからはもう安心。

そうしたら、なんと新色がこの度発売との情報を聞きました。

なんと、ゴールド!iPhone5sのシャンパンゴールドとも相性がいいのではないでしょうか。
僕はminiを持っていますが、
10400mAh もゴールドを発売!
マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh 大容量モバイルバッテリー

43

いいな〜。10400mAh持ってないし。買おうかな。。

amazonのページとにらめっこの92sukeでした。。。 













 

毎日、スマートフォンを活用しているんですが、

最近になってAndroidの使用比率が高くなってきています。

そのきっかけとなったのがGALAXY  NOTE3

初めて持った時、


でかすぎるだろーーー!


と思ったのですが、今ではすっかりニュースみたりするのは、
iPhoneよりこっちの方を活用しています。


けれど、「落とさないかなー。何かいいのないかなー。」と思ってた矢先、

前に使っていたこれを思い出しました。





Bunker Ring 3のシルバーを愛用しています。

これをGALAXY NOTE3につけて使っているんですが、
電車の中とかに片手で作業する時に役立っております。

持った感じ、つけている感じとかは下記の動画をみてみて下さい。




毎度短い内容ですいません。。。
後、スマホが汚いわ。。。





キレイにします、身も心も。


 

↑このページのトップヘ